ほぼ日刊 フリーソフト レビュー 無料

インストールのその前に あなたにかわって試します

ハリボー 特集

★★★クリスマス特別企画 HARIBO!の勝手なレビュー グミレビ(前編)

2016/04/30

HARIBO!

みなさん!メリークリスマス!
今日は、クリスマス・イヴ。聖なる夜ですね~!
外は晴天ですが、僕の心はッワイトクリスマスです!(意味不明)image23

みんな~!クリスマスと言えば~!
そう!お菓子ですよねー!
サンタブーツのお菓子が楽しみだった人も多いのではないでしょうか??
僕はお菓子の詰め合わせに入っているグミが大好きでした!
中でも、たまーに入っていたちっちゃな

HARIBOのGOLDEN BAREN

は本当に嬉しかった!
僕のグミ好きの原点となっているお菓子です!
そこで、今回はクリスマススペショー!
ということで、

僕の大好きな海外のグミをレビューすることにしてみました!
僕と下僕である男と一緒に、グミを楽しんでます!
今日を恋人と過ごす人も、家族で過ごす人も、一人で過ごす人にも、
ぴったりの企画になっています!
ぜひご賞味あれ!


1112

井上アンソニー:まず一発目はこれでしょう!僕がグミの王者と密かに崇めている、グミオブグミ!ゴールデンキンググミ!略して金グミ!カラフルな色使いと、後味の良いほどよい甘み、そして日本のグミにはない独特の歯ごたえのある食感!小さいけれど、一粒の存在感は十分!グミのスタンダードとして完成された存在です。今日のグミに迷ったらコレです!

マスク・ド・プリン:ハリボーの中でも最もメジャーな商品の一つであると思われる金の熊。色は赤・白・緑・黄・橙などがあり、カラフル。非常に見た目の彩りが綺麗である。食感は固めで噛みごたえがある。形はおそらく熊だろうが、似せようとする努力は見られない。味は数種類あると思うが、食べ続けるとよくわからなくなってくる。私はオレンジが好きだ。


2122

井上アンソニー:HARIBOなのにソフトということで不安を感じていました。しかし、その不安は開けた瞬間に払拭されました。4種類の大小さまざまなかわいいベリーのグミ。見た目にも楽しく、味も様々!これは素晴らしいですね!特にグミごとに大きさが違うというのが面白い!日本のグミにはない発想です!柔らかく食べやすいのでHARIBO入門にもオススメ!

マスク・ド・プリン:ソフトなハリボー。ただのグミに成り下がった。かと思いきや、柔らかいハリボーもいいかもしれないと思った。日本のグミと比べると、噛んだ時に独特のベタ付きがある気がする。見た目はフルーツっぽい形と配色と形をしている。味はフルーティで海外特有のこすぎる味ではなく、安定して美味しい。でもやっぱり私は固いハリボーが好き。


3132

井上アンソニー:この頃流行りの細長いグミ。そのルーツはハンガリーにあったのだ!本家はさすがに大きめで、日本の1.5倍くらいかな?食べごたえがあります。すっぱいパウダーもしっかりついていて、本当においしい!ただ、ちょっと歯にくっつきます。ハリボーでは珍しいですね。大きいので、なおくっつきやすい気がします。おいしいけれど虫歯には注意!

マスク・ド・プリン:細長いグミである。その形はどこかで見たことがある。フィットチーネ。ぱくり。私は熱心なお菓子好きではないが、ただの丸いグミより食べたくなる気がする。細長いモノというのはなぜ人を惹きつけるのか、グミの味よりもそちらについて熱い議論がしたい。味はレモンである。思っていたよりもすっぱい。だがそれがいい。


4142

井上アンソニー:うわぁ、グミの宝石箱やぁ~!と言ってしまうほど、バリエーション豊富なグミ!指輪や目玉焼き型まで入っている遊べるグミ。子供にはめっちゃ受けそうですね~!アラサーの僕も大興奮です(笑)目玉焼きの白い部分はマシュマロなので、いつもと違った食感が楽しめます!ちゃんと成形されていないグミがあるのも愛嬌を感じるから不思議!

マスク・ド・プリン:多くの色と形を楽しめるハリボー。コーラ、ハート、金熊など数種類のハリボーが混ざって入っている。初めて見たが、こんなのもあるのかと驚いた。このバリエーションの豊かさもハリボーの強さだろう。マシュマロと合体しているのもあり、面白い。女子受けもするだろう。ここ数日間ハリボーを食べ続けているが、飽きないのが不思議。


Let's ハリボー!

 

後編へつづく

 

-ハリボー, 特集
-, , ,